Top >  面接のお礼状 >  面接後のお礼状の書き方とその例文

面接後のお礼状の書き方とその例文

面接のお礼状は、面接試験を受けた後に出すお礼状です。
採用された場合に限らず、忙しい中面接試験の機会を与えてくれたことへのお礼や、その企業で働く際の意気込みや意欲などを書き、面接後になるべく早く出しましょう。



就職活動や転職活動で面接を受けた場合、企業や担当者にお礼状を書くのが一般的です。
かつては郵送でお礼状を送りましたが、今では電子メールで送るのが得策です。
メールは面接を受けたその日のうちに出すように心がけましょう。

面接後のお礼状は迷惑なだけ、という指摘も見受けられますが、
きちんとマナーを心得た上で送るのであれば、決して面接の結果が悪い方向へ転がることはありません。

まず、メールの件名ですが、
「採用面接のお礼」というシンプルなものが良いでしょう。
面接担当者は、大量のメールを処理しており、
件名の意味が分からないと、メールを読んでもらえないことがあるからです。
学生の場合は、「採用面接のお礼 〇〇大学 氏名」のように、
自分の大学名や氏名を入れるのも良いでしょう。

●例文1
この度はご多様の所、ご面談を頂きまして、誠にありがとうございました。
貴社のお客様に対する姿勢や、求めている人材についてのお話を伺い、
貴社で仕事をしたいという気持ちが、よりいっそう強くなりました。

このように、面接試験の機会を与えてくれたことへのお礼と、
面接を受けた上での、自分の意気込み・意欲などを必ず書くようにしましょう。
面接中の具体的な説明や、印象に残った面接担当者の言葉などを書き添えることでより強い印象を残すことができます。

前置きや結び挨拶はシンプルに、「謹啓」と「敬具」で良いでしょう。


スポンサードリンク

その他面接,お礼状,就職,転職の情報

支店訪問や会社訪問をさせていただいた!!お礼状の書き方とその例文

会社訪問のお礼状は、就活活動などで会社訪問をさせていただいた後に出すお礼状のことです。
忙しい中会社訪問の機会を与えてくれたことへのお礼や、その企業で働く際の意気込みや意欲などを書き、会社訪問後になるべく早く出しましょう。


会葬礼状に関するマナーを知ろう!
会葬礼状とは葬儀に来てくださったことに対してのお礼と、葬儀の間ばたばたとして参列してくださった方に十分挨拶ができなかったことを詫びるために出す礼状です。

お中元お歳暮をいただいた!!お礼状の書き方とその例文
お中元やお歳暮をいただいたときのお礼状についてお話します。
品物をいただいた場合のお礼状は、なるべく早く出すのが礼儀です。

結婚祝いをいただいた!!お礼状の書き方とその例文
結婚祝いをいただいたときのお礼状の書き方とその例文をご紹介します。

入学祝いをいただいた!!お礼状の書き方とその例文
入学祝いをいただいたときの、お礼状の書き方とその例文を紹介します。
品物をいただいた場合は、なるべく早くお礼状を出すようにしましょう。

出産祝いをいただいた!!お礼状の書き方とその例文
出産祝いをいただいたときの、お礼状の書き方とその例文を紹介します。

退職をすることになった!!お礼状の書き方とその例文
退職をすることになったときの、礼状の書き方とその例文を紹介します。

お悔やみ・会葬礼状をいただいた!!お礼状の書き方とその例文
お悔やみ・会葬礼状をいただいた時の、礼状の書き方とその例文を紹介します。

病気のお見舞いをいただいた!!お礼状の書き方とその例文
病気のお見舞いをいただいたときの、お礼状の書き方とその例文を紹介します。

お礼状の冒頭に!時候の挨拶を添えて、春夏の彩も送りましょう
お礼状の冒頭に使用する礼儀文である時候の挨拶。
時候の挨拶を添えるだけで、お礼状に季節の彩が与えられ、上手に仕上がります
お礼状を書く季節に応じて、正しく使い分けてください。

お礼状の冒頭に!時候の挨拶を添えて、秋冬の彩を送りましょう
お礼状の冒頭には、ぜひ時候の挨拶を添えてください。時候の挨拶によって
お礼状に彩りが添えられ、良い印象のお礼状が仕上がります。


面接のお礼状

面接後のお礼状の書き方・例文集

関連エントリー

面接後のお礼状の書き方とその例文