Top >  香典返しのお礼状 >  香典返しに添えるお礼状の書き方

香典返しに添えるお礼状の書き方

香典返しは、葬儀や通夜で香典やお供物を頂いた方に、お礼の品物を贈ることを言います。



香典返しは四十九日の忌明け法要後に送るのが一般的で、お礼状とともに送るか手渡しで渡します。
近年では「当日返し」といわれる、香典の金額に関係なく、一律の品物をお返しする、香典返しも増えています。「即日返し」「当日返礼」「その場返し」とも呼ばれます。

お礼状例文(仏式)

謹啓  皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 先般 【※続柄(例 亡父)】【俗名(故人のお名前)】儀 死去に際しましては ご多用の中ご丁寧な慰めのお言葉また過ぎたるご香志お供物をいただきまして 誠に有難う御座いました 昨今になり 心の平静を取り戻し 生前故人に お寄せいただきました数々のご厚情が今更のように想い出され 私共遺族一同 心より感謝致しております つきましてはこのたび 【法要の種類(例 四十九日忌)】にあたり供養のしるしまでに 心ばかりの品をお届けさせていただきましたので お納め下さいますようお願い申しあげます 誠に略儀失礼ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます

       合掌
平成 年 月
【喪主名】

※印刷の場合は薄墨での印刷がよいでしょう。


スポンサードリンク

その他香典返し,お礼状の情報

会葬礼状に関するマナーを知ろう!
会葬礼状とは葬儀に来てくださったことに対してのお礼と、葬儀の間ばたばたとして参列してくださった方に十分挨拶ができなかったことを詫びるために出す礼状です。

お悔やみ・会葬礼状をいただいた!!お礼状の書き方とその例文
お悔やみ・会葬礼状をいただいた時の、礼状の書き方とその例文を紹介します。

お礼状の冒頭に!時候の挨拶を添えて、春夏の彩も送りましょう
お礼状の冒頭に使用する礼儀文である時候の挨拶。
時候の挨拶を添えるだけで、お礼状に季節の彩が与えられ、上手に仕上がります
お礼状を書く季節に応じて、正しく使い分けてください。

お礼状の冒頭に!時候の挨拶を添えて、秋冬の彩を送りましょう
お礼状の冒頭には、ぜひ時候の挨拶を添えてください。時候の挨拶によって
お礼状に彩りが添えられ、良い印象のお礼状が仕上がります。


香典返しのお礼状

関連エントリー

香典返しに添えるお礼状の書き方